●クロスステッチ...その前に

クロスステッチをはじめる前に知っておくと便利なことをまとめました。
皆さんのお手持ちの本やお教室での説明と少しちがうところもあるかもしれません。
そんな時はご自分のなさりやすい方法を選択してくださいね!

●しつけ糸でマークをつける
●花糸の準備
●はるはるキャンバス
●針の運び
●刺繍糸のストック
●アイロンのかけ方
●糸の始末
●抜きキャンパス
●リネンのカウントについて
●糸通しの使い方
●1本どり..2本どり..とは?
●麻糸
●刺繍糸のこと
●クロスステッチ針のこと

画像をクリックすると拡大します。
下の項目へはスクロールと右下のNextから移動してね☆

●しつけ糸でマークをつける

ティクロワでは、横へは「左から右へ」縦には「上から下へ」進めるクロスステッチ
で解説しています。
クロス(×)の糸目は常に『左下から右上』が上にくるように仕上げます。
Img_bf32bfddaf55ccd4f17c5365ba0e0d6d
1
Img_23a668db190ca2583c2a73b14527f0aa
2
Img_cd2528dcbf5329f690a4bfe946d46d07
3
1. 刺繍用麻布を断裁したらすぐにしつけ糸で布のまわりにほつれ止めをしてください。
2. 刺繍に入る前に布の上(天)に糸でマークをつけておきます。
3. このマークが上と下にくるようにステッチを進めればクロスステッチの糸目の
  方向はそろいます。
Img_0446be1934dccccdfbc121691548f4f6
4. 裏から見たところです。表はクロスステッチ、裏がこのように直線になります。

上(天)につけたマークが左・右にきたままステッチしてしまうとクロスステッチの
糸目が逆になります。マークが常に上・下にあるか確認しながらステッチしてくださいね☆

※バックステッチなどフリーステッチにはこの解説はあてはまりません。

●花糸の準備

花糸のほどき方をフレメの花糸を使ってご紹介します。
メーカーにより糸の長さは異なりますが丁寧に束をほどくと糸はからまりません。
Img_520eafced58211075c7ffa33e2ea81a3
1
Img_b4053e1667547946c0c5670092926f82
2
Img_685f52bafcaeafbf5952a0c5a868b32c
3
1.この花糸は4mを5本よってありますので全部で20mです。
2.ラベルをはずし、そっとよりをほどいてください。
3.力ずくで引っ張らないで、少しずつほどいてくださいね。

(現在は1束 2m×10本=20m)
Img_75fac273b427bdd67631f650cec74626
4
Img_72cf578a1100c95c72730790c41ca10f
5
Img_9e1dc633b1b55b4067262278fedff369
6
4.5.6. どんどんほどいて4mの花糸5本を2つ折りにします。
(6.画面に入らないので4mを2つ折にしたはじまりと輪の部分を撮影しています)
Img_b293e81194d391b19f430d3918eb1c29
7
Img_3721d98595fa182904496d8b7d9e4bda
8
Img_b82ad48acfd7c30bb4893ca9dff10ddc
9
7.8.折り返して2mになった花糸を3等分して輪の部分を切り分けます。
9.花糸は1本が約66cmで30本になりました。
Img_2d73c319b8c1c9e9d4b9fa2dc8c11872
10
Img_27e422468f7b0c86ce8e5145b28317eb
11
Img_a1651a0b6a67aca2b86e627a0afb15f0
12
10.糸は輪になっている方からそっと1本ずつ引き抜いて使ってください。
11.余った糸はオーガナイザーを使ってストックすると便利です。
12.ティクロワのショップカードにもストックができます。余白に糸番号をメモしましょう!

糸はご自分の使いやすい長さで刺繍してください☆